2011年10月22日

槻川の取材

 今日は小川町の槻川のイベントの取材に行ってきました。先日のブログにも書いた「槻川を遊ぶ in 小川町」というイベントです。
埼玉県の水辺再生課の依頼で撮影を引き受けました。
このイベントにはタレントのボビーオロゴンさんがやってきて、いろいろな川の体験をしたのですが、その体験に密着しました。
10時にやって来たオロゴンさんは、まずカヌーに挑戦。
バランスの悪いカヌーにいつもの調子で、目を丸くしながら大騒ぎ。
でもカヌーに乗り込んでからは、一人でスイー、スイーと調子よく進んで、子供たちと戯れていました。
次に挑戦したのは、「船に乗っての俳句作り」...だったのですが、俳句は作らずゆっくりと時を過ごしました。
その後、石のアートや魚の掴み取り、出店をまわったりと精力的に歩き回り、松山女子高校の書道パフォーマンスに加わり、達筆なところも披露していました。
面白かったのは、その後のインタビューで、アシスタント役の1年生のオノD君が、オロゴンさんとのやり取りがうまくできなくて、「おまえ、だいじょうぶかよ〜。」と言われながら、胸ぐらを掴まれていました。(当然、悪ふざけです。)周りで見ていた人は爆笑でした。
今回の映像は、今月中に編集してYouTubeにアップしますので、期待していてください。
posted by 映作 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告