2008年05月01日

映像制作部史及び大会結果



【1999年】

4月 放送委員会有志が顧問教諭の指導のもと、
   松高の伝統行事である校歌應援歌練習を撮影。

6月 それを編集した「松高生への道 校歌應援歌練習」が
   埼玉県高校放送コンテスト(以下県コン)で優良賞を受賞。

7月 NHK杯全国高校放送コンテスト(以下Nコン)に出場

9月 松高祭で放送委員制作作品上映会を行う。

12月 ドラマ作品の制作開始。「GSO」「GSO2」「GSO3」「GSO4」「GSO5」
   「旧校舎清掃当番」「都幾川のほとりで」



【2000年】


6月 県コンに上記ドラマ7本を出品。「都幾川のほとりで」が入選。

7月 パソコンが導入される。

9月 松高祭で第2回作品上映会。

11月 全国高校総合文化祭埼玉県大会(以下総文県大)で
   「東松山YAKITORY協奏曲」が最優秀賞受賞。
   全国大会への切符を手にするも事情により辞退。



【2001年】


1月 寒風の中、都幾川土手を舞台にしたドラマ「チャり」を撮影。
   生徒達から部活化の声があがる。

2月 生徒会に部の設置を申請。評議会、職員会議を経て、
   2月8日、「映像制作部」として承認される。
   月曜日ミーティング、金曜日映画上映会、それ以外の日は
   企画や撮影、編集という基本的な体制が確立する。

3月 G-day stagefestival(以下G-day)に参加。今までに作った
   作品の他、初の松女との合同制作作品「ゆらゆら」を発表。

4月 部活としては初の部勧誘を行い、7名の新入部員を迎える。

6月 県コンのテレビドラマ部門に「BITTER CHOCOLATE」「チャり」
  「夏茶」を、テレビドキュメント部門に「誰よりも高く遠く」を
  ラジオドラマ部門に「赤いオープンカー」「diary」をそれぞれ出品。
  「夏茶」が最優秀賞受賞。「チャり」が優秀賞受賞。
  「BITTER CHOCOLATE」が入選。「夏茶」Nコンへ。

7月 Nコンに「夏茶」が入選(ベスト10)

9月 松高祭で第3回作品上映会。
  平成13年度松高応援団演技披露「紫薫の集い」の撮影。

11月 総文県大で「男女別学校の行方」が生徒審査員賞受賞。

12月 Ulead CMコンテストで「かじりつきたくなるCM」が
   審査員特別賞受賞。

   平成13年度「紫薫の集い」ビデオ完成



【2002年】


2月 松高OBで気球冒険家の神田道夫さんを取材した
  「誰よりも高く遠く」が彩の国埼玉映像コンテスト(以下彩コン)で入選。

3月 G-dayに参加。「ねじれの位置」を発表。

4月 20名の新入部員を迎える。

6月 県コンのテレビドラマ部門に「キーボー」「夏のお水」「2017年」を、
  テレビドキュメント部門に「ありがとう白石分校」をそれぞれ出品。
  テレビドラマ部門「2017年」が最優秀賞受賞。
  「キーボー」が優秀賞受賞。
  テレビドキュメント部門「ありがとう白石分校」が優秀賞受賞。
  「2017年」「ありがとう白石分校」Nコンへ。

7月 Nコンで「2017年」が制作奨励賞受賞(ベスト20)

9月 松高祭で第4回作品上映会。平成14年度「紫薫の集い」の撮影。

11月 東京都立大学で「キーボー」が招待上映される。
   総文県大のビデオメッセージ部門に「日記」「わっくさ」を、
   オーディオピクチャー部門に「松山高校歌物語」をそれぞれ出品。
   「わっくさ」「松山高校歌物語」が入選。

12月 平成14年度「紫薫の集い」ビデオ完成



【2003年】


2月 「松山高校記念館」が彩コンで制作奨励賞受賞。

3月 G-dayに参加。「春に向けて」を発表。

4月 10名の新入部員を迎える。
  ぴあフィルムフェスティバル(以下PFF)で「放送室」が24位に。

6月 県コンのテレビドラマ部門に「屋上同好会」「伝える」「よりみち」
  「別学・共学 男の闘い」を、
  テレビドキュメント部門に「仕事について考えたこと」「つなぎ続けるたすき」を、
  ラジオドラマ部門に「昼の放送」を、
  ラジオドキュメント部門に「校則改革」をそれぞれ出品。
  テレビドラマ部門「屋上同好会」が最優秀賞受賞。
  テレビドキュメント部門「つなぎ続けるたすき」が
  最優秀賞受賞。「仕事について考えたこと」が優良賞受賞。
  ラジオドキュメント部門「校則改革」が優良賞受賞。
  「屋上同好会」「つなぎ続けるたすき」「校則改革」Nコンへ。

7月 松高創立80周年記念上映会を行う。
  Nコンで「つなぎ続けるたすき」が制作奨励賞受賞(ベスト20)

8月 松女との合同制作作品「プロジェクトM 別学生たち」がテレビ埼玉で放映。
  創立80周年記念ビデオCD完成。

9月 松高祭で第5回作品上映会。平成15年度「紫薫の集い」の撮影。

10月 映像制作部作品集DVD 一〜四.五が完成

11月 総文県大のVM部門に「Scouting my way」「高く跳べ 埼玉の空に」が入選。
   AP部門で「僕の町の宝物」優良賞受賞。
   「僕の町の宝物」総文祭関東大会へ。
   創立80周年記念式典で「つなぎ続けるたすき」を上映。

12月 平成15年度「紫薫の集い」ビデオ完成



【2004年】


1月 総文関大で「僕の町の宝物」が優良賞受賞。

2月 ドラマ「伝える」が埼玉県教育委員会教育長賞受賞。

3月 G-dayに参加。「石ころの真下で」を発表。

4月 7名の新入部員を迎える。
 PFFに「修学旅行班別自由行動」が入選(ベスト15)
 「修学旅行班別自由行動」が全国各地で上映されることに。

6月 県コンのテレビドラマ部門に「居場所」「ever〜いつか〜」
  「手紙」「セミとトマトとあいつ」「男子高校生の愛のある生活」
  「美術室」を、テレビドラマ部門に「何処へ行く?修学旅行」
  「石川探検隊〜黒い悪魔の実態を調査せよ〜」を、
  ラジオドラマ部門に「暗闇」を、
  ラジオドキュメント部門に「帰宅部」を、それぞれ出品。
  テレビドラマ部門「居場所」が最優秀賞受賞。
  「美術室」が優秀賞受賞。「セミとトマトとあいつ」が優良賞受賞。
  テレビドキュメント部門「何処へ行く?修学旅行」が優秀賞受賞。
  ラジオドキュメント部門「帰宅部」が最優秀賞受賞。
  「居場所」「何処へ行く?修学旅行」「帰宅部」Nコンへ。

7月 Nコンで「帰宅部」が入選(全国11位)

8月 映像制作部HPオープン

9月 松高祭で第6回作品上映会。平成16年度「紫薫の集い」の撮影。

11月 総文県大のVM部門に「支え続ける…」が入選。
   VM部門で「僕の町の箒」優秀賞受賞。総文祭全国大会へ。



【2005年】


埼玉県高校放送コンテスト(Nコン県大会)
 テレビドラマ部門「落合橋」最優秀賞
         NHKコンテスト全国大会3位 教育テレビにて放映。        
 「フォーカス」優良賞
 「つうがくろ」優良賞

 「小説「天の園」を伝えるために」総文県大会優秀賞  後、総文全国大会出場。
 「交通安全を胸に」 総文県大4位入選
 「僕の町の金子農場」 総文県大4位入選



【2006年】


埼玉県高校放送コンテスト(Nコン県大会)
 テレビドラマ部門「空白」最優秀賞 制作奨励賞 全国大会ベスト20
         「プロローグ」優秀賞
 
 のち、尚美学園主催、高校生のための放送コンテストにて審査印象受賞。
 SKIPシティ国際Dシネマに招待される。
 テレビドキュメント部門「白球を追い続け・・・」最優秀賞
 ラジオドキュメント部門「締め出された人々」最優秀賞

 夏に部結成5周年記念作品上映会

 「僕の町の鬼瓦」総文県大会入選
 「半世紀を越えて」総文県大会入選
 「花にのせた思い」総文県大会入選 



【2007年】


埼玉県高校放送コンテスト(Nコン県大会)
 テレビドラマ部門「花火」県大会最優秀 全国大会出場
         「終わりと始まりと」県大会優秀賞
           後、テレビ埼玉にて、製作スタッフのインタビュー放映。
         「空の中の屋上」県大会入選
         「恋愛部」入選
 ラジオドラマ部門「陽炎」優良
 テレビドキュメント部門「新たな環境に」入選
 ラジオドキュメント部門「付近住民の声」優良 全国大会出場

埼玉県高校放送コンクール
 ビデオメッセージ部門 「涼を伝える」優良 全国総文祭出場 


【2008年】


埼玉県高校放送コンテスト(Nコン県大会)
 テレビドキュメント部門 「べんとう」優秀 全国大会出場
 テレビドラマ部門「十年前の記憶」最優秀 全国大会出場
        「紙ヒコーキ」優秀 
        「机」優秀
 教育長賞受賞

 埼玉県高校放送コンクール
 ビデオメッセージ部門「山国の踊りと秩父音頭」入選
           「田舎の味覚 ぼくらのすったて」生徒審査員賞受賞
 オーディオピクチャー部門「花の街坂戸」入選

 顧問 M教諭 F谷the first に異動



【2009年】


埼玉県高校放送コンテスト(Nコン県大会)

 テレビドキュメント部門 「部室獲得戦争」最優秀賞 全国大会出場
              「誰かの為にできること」入選
 
 テレビドラマ部門 「ふたご」優秀賞 全国大会出場
          「クレイマン クレイマン」優良
 教育長賞受賞

映画甲子園
 「17歳の夏に」特選 SMN賞受賞

埼玉県高校放送コンクール
 ビデオメッセージ部門「小江戸の彩」入選
          「彩の臍の味みそだれ」入選


【2010年】


埼玉県高校放送コンテスト(Nコン県大会)
 6月20日  テレビドラマ部門 「美術室のアイツ」最優秀賞 全国大会出場
       ラジオドラマ部門 「ミライへの意志」入選

NHK全国高校放送コンテスト
 7月23日  準決勝進出
 7月24日  テレビドラマ部門  「美術室のアイツ」 優勝  

 8月17日  教育テレビにて「美術室のアイツ」放映

 8月21日  OB主催による祝勝会

映画甲子園
 
 10月22日 1次審査通過(ベスト30)
       「向い風」「下村物語 Kの軌跡/無限の可能性」
 10月28日 表彰式
       「下村物語 Kの軌跡/無限の可能性」 最優秀作品賞・最優秀男優賞
                       優秀編集賞
      「向い風」 最優秀音楽賞

埼玉県放送コンクール
 ビデオメッセージ部門 「嵐山渓谷の今とこれから」入選

彩の国映画甲子園
 12月27日 本選出場決定(ベスト10)「向い風」


【2011年】

  2月11日 彩の国映画甲子園本戦
       「向い風」 SKIP CITY ビジュアルプラザ賞受賞

  6月  NHk杯全国高校放送コンテスト埼玉県大会
       ラジオドキュメント「手加減無用」 最優秀賞  全国大会出場
       テレビドキュメント「祈り〜僕らが見た東松島」入選

  7月  NHK杯全国高校放送コンテスト
       ラジオドキュメント「手加減無用」 準決勝進出(ベスト40) 制作奨励賞

  11月 埼玉県高校放送コンクール
       ビデオメッセージ「カラー魚拓〜繋がり〜」 入選
       オーディオピクチャー「一ノミからの夢〜岩窟ホテル〜」 入選

  12月 平和祈念ビデオ制作コンクール
       「遅ればせの鎮魂歌(レクイエム)」 特別賞

【2012年】
    3月  埼玉県川の再生事業”川のCM”制作

  6月24日 NHK杯全国高校放送コンテスト埼玉県大会
         テレビドラマ「I had a dream」 最優秀賞  全国大会出場
                 「明日へ...」 優秀賞
                 「欲望」 優良賞
         テレビドキュメント「継続−富士山と向き合う先生−」 優良賞  全国大会出場
         ラジオドキュメント「真の松高生」 優良賞  全国大会出場

  6月30日 川のCM完成披露 越谷レイクタウン

    7月24〜26日 全国高校放送コンテスト
            
 「I had a dream」準決勝進出(ベスト40)制作奨励賞

  11月1日 映画甲子園
          入選決定(1次審査通過)
          「僕らが見た東松島−葛藤−」
          「時扉」

  11月18日 埼玉県高校放送コンクール
         ビデオメッセージ「下唐子の獅子舞 伝統を守る活動」優良 関東地区高校放送コンクールに出場決定
         ビデオメッセージ「〜繋ぐ〜」優秀 来年度全国高等学校総合文化祭に出場決定
         オーディオピクチャー「氷上のhospitality」優良
  
     11月23日 映画甲子園
         
「僕らが見た東松島−葛藤−」 優秀作品賞 最優秀企画賞 最優秀編集賞 優秀音楽賞

   
1月27日 関東地区高校放送コンクール
         
「下唐子の獅子舞 伝統を守る活動」出場

   2月17日 東松山市制施行60周年記念 映画「歩いていこう」第1回制作実行委員会開催
           
posted by 映作 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 部史
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14584983

この記事へのトラックバック