2011年12月19日

スカイツリーはどこまで見えるのか?

昨日、ときがわ町に取材に行って堂平山でお昼を食べました。山頂は360度のパノラマで大変眺めが良かったです。
南の方を眺めると、雲の上のほうからマッチ棒のようなものがひょっこりと顔を出している。他の建物よりもはるかに高くそびえているスカイツリーが見えました。東京タワーや池袋サンシャインが霞がかかって見えないのに、スカイツリーだけは雲の上から見えるんだから、ずいぶん大きなものなんですね。いったいどこまで離れたら見えなくなるのでしょか?
ちょっと西をむくと、富士山が見えるようなんだけど、なかなか見つかりません。地図を頼りに探していると・・・・・、ありました。
富士山の右端の角だけが。あとは山の陰に隠れてまったく見えない。言われなければ、あれが富士山とはわかりませんね。
不思議なものですよね、山に登ると「富士山はどこかな?」って探してしまうのって。それで見つかると少し満足。たとえそれがほんのわずかであっても。
posted by 映作 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52108552

この記事へのトラックバック