2013年04月23日

1年生始動

1年生の活動が始まりました。
昨日のミーティング後に顧問から出されたお題を基に、それぞれがストーリーを考えてくる宿題が出され、今日はその発表です。
8人が考えてきたストーリーは、それぞれがとても面白いものでした。中にはテーマがしっかりしていて、もう少し考えると作品として使えるものもありました。この中から2つの題材を選び、もう少し内容を検討してもらうことになりました。うまくいけばNコンのエントリーに間に合うかもしれません。もっとうまくいけば、2本の作品をエントリーできるかもしれません。

アナウンス・朗読部門にも1年生2人がエントリーします。自主的に参加表明した部員は、今までいなかったように思えます。

今年の1年生は何かが違う。その積極性、発想力をこのまま伸ばしていってほしいものです。

posted by 映作 at 22:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 活動報告
この記事へのコメント
頼もしい新入部員さん達ですねえ〜。この中から将来スピルバーグや黒沢明、宇宙兄弟の森義隆を超えるような監督がでるかも。楽しみに待ってます!
Posted by 浜宮文博 at 2013年04月24日 20:40
自分からアナ朗に参加とは、うちの代では考えられない状況ですね。
頑張ってください。
Posted by 続池 at 2013年04月26日 23:04
続池様

コメントありがとうございます。
1年生はおもしろいですよ。
ドラマの脚本もストーリーが半分できましたが、大笑いするような内容です。かといってふざけている訳ではなく、メッセージ性があるものです。これが映像にできれば、もしかしたらと思ってしまいます。

しかし、心配なのは今の3年生。ドラマをつくることになっているのですが、脚本が未だに出来上がっていない。

去年はもう試写していたのにね。

顧問
Posted by 映作 at 2013年04月27日 14:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65371041

この記事へのトラックバック